当季大流行 地下水サンプラー ボムタイプ SS-BPS050 pH計、pH標準液
当季大流行 地下水サンプラー ボムタイプ SS-BPS050 pH計、pH標準液
lifescale/san32-0638-6981-JF0
29,469円 98,230円
Shock Pumps - The Bike Connection | San Francisco & Palo Alto, CA, Shock Pumps - The Bike Connection | San Francisco & Palo Alto, CA, Plants vs. Zombies (Statistic Terms for Plants) Flashcards | Quizlet, Bombas | MercadoLibre.com.mx, Bombas | MercadoLibre.com.mx, Bombas Centrífugas | MercadoLibre.com.ve

● 最小口径7cmの穴、パイプや深い井戸などから直下数十メートル以上先の地下水などを汲み上げ、採水するサンプラーです。深い池や海、貯水槽などでも使えます。
● ステンレス(SUS316)製で、底弁にはFDA認可のシリコン製Oリングが付いています。
● 下部排出口径は底弁を取外した状態で2.4cmのため、ゴミなどが多く含まれる源泉での採水には不向きです。
● サンプラーはネジ構造のため、分解洗浄が可能です。
● 採水方法(1)紐を結んだ上部ピンを引くと必要な深度で採水可能。(2)本体底弁が採水場所に接触すると採水可能。


● 最小口径7cmの穴、パイプや深い井戸などから直下数十メートル以上先の地下水などを汲み上げ、採水するサンプラーです。深い池や海、貯水槽などでも使えます。
● ステンレス(SUS316)製で、底弁にはFDA認可のシリコン製Oリングが付いています。
● 下部排出口径は底弁を取外した状態で2.4cmのため、ゴミなどが多く含まれる源泉での採水には不向きです。
● サンプラーはネジ構造のため、分解洗浄が可能です。
● 採水方法(1)紐を結んだ上部ピンを引くと必要な深度で採水可能。(2)本体底弁が採水場所に接触すると採水可能。

型式SS-BPS050
容量500ml
外径6.6cm
全長30cm
重量2.1kg

Shock Pumps - The Bike Connection | San Francisco & Palo Alto, CA
Shock Pumps - The Bike Connection | San Francisco & Palo Alto, CA
Plants vs. Zombies (Statistic Terms for Plants) Flashcards | Quizlet
Bombas | MercadoLibre.com.mx
Bombas | MercadoLibre.com.mx
Bombas Centrífugas | MercadoLibre.com.ve

経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

当季大流行 地下水サンプラー ボムタイプ SS-BPS050 pH計、pH標準液

新しいゲームデバイスが大人気を集める

 ソニー・インタラクティブエンタテイメントはプレイステーション4用のバーチャルリアリティシステム「PlayStation VR」を10月13日から販売する。希望小売り価格44,980円はPS4本体よりも約10,000円高い。にも関わらず人気が集まり、6月18日に始まった予約受付はあっという間に完売状態となり、7月23日から受付を再開した。
 この「PlayStation VR」、一見すると大きめのゴーグルのような形をしている。内側には左右に小型のディスプレイを配置して視差による立体視を実現。それにより目の前いっぱいにリアルな映像が広がる。それだけではない。加速度センサー、重力センサー、光学式位置センサー、3Dサラウンドシステムが組み込まれていて、頭を動かすと、それに合わせて画面が動き、音の聞こえてくる位置も変化する。要するに実際にゲームの世界に居るような感覚を味わうことができるのだ。
 もちろん、ゲームというものは、ハードだけあっても何の役にも立たない。しかし、このシステムには国内外のゲーム制作会社、コンテンツ制作会社230社以上が賛同しており、年内に発売されるタイトルだけで50を超えるという。ゲーム業界全体が「PlayStation VR」に熱い視線を投げ掛けている。

さまざまな可能性を秘めたVRの今後に注目

THE RAMPAGE - 川村壱馬 お守り
 アメリカの大手投資銀行、ゴールドマンサックスによるとVRの市場規模は2025年までにハードウェアが1100億ドル、ソフトウェアが720億ドルにまでなる可能性があるという。これは普及がもっとも加速した場合の予測だが、ハードウェアの1100億ドルは、テレビの990億ドルを超える数字なのだとか。2025年時点での用途はゲームが最も多いと予想しているが、ほかに医療などのヘルスケア、エンジニアリング、ライブイベント、映像エンターテイメントなどでも用いられるようになるという。
Tacx NEO Smart T2800
 あるいは、スマートフォン向けのゲームアプリで知られるコロプラの100パーセント子会社360Channelは、この5月26日から、オリジナルの360度動画を配信する「360Channel(サンロクマルチャンネル)」という新サービスを開始した。「バラエティ」「旅行」「ライブ」「パフォーマンス」「体験」「ドキュメンタリー」の6カテゴリーからなり、360度全方位に視点を動かすことができる。VR専用ヘッドマウントディスプレイを装着すれば動画内に自分がいるかのような感覚を味わうことができるという。しかも、PCやスマートフォンでの利用も可能だ。
 スマートフォンでも、手軽にVR体験ができる商品が出ている。たとえば、メガハウスの「BotsNew(ボッツニュー)」もその一つ。レンズは付いているものの見た目はただの箱だ。これにスマホをセットし、VRコンテンツをダウンロードして楽しむ。スマホに搭載されているジャイロ機能や加速度センサーを利用して装着者の動きに併せて映像が動く仕組みだ。
 VRの本格的な普及は、まだまだこれからだが、先のゴールドマンサックスの予想にあったように、ゲーム以外にさまざまな分野に広がる可能性を秘めている。今後、注目しておきたいキーワードといえるだろう。

MSGM タートルネック スウェット 日本未入荷!☆ランニングシューズ☆ADISTAR SHOES☆お早めに!

プロフィール

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

川崎フロンターレ 選手支給 練習着

wattbike Trainer ワットバイクトレイナー りんご様専用

MLAB08.COM RSS